GENIC|表現者が撮る東京 VOL.55 2020年7月号

GENIC|表現者が撮る東京 VOL.55 2020年7月号

通常価格
¥1,100
販売価格
¥1,100
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

※ 2020年6月5日発売商品です。

※ Amazonアカウントをお持ちの方は、面倒な登録ナシで購入できます。

※ 一冊から送料無料です。

※ 東京から、おおよそ400km圏内(大阪・石川・山形・宮城くらいまで)は発送からほぼ2日で、それ以外の地域もほぼ4日で到着します。

※平日は発送を毎日行ないます。

 GENIC7月号は「TOKYO and ME」と題して、表現者が撮る東京にクローズアップ。
世界中のすべての街に“変わるきっかけ"が訪れている今、東京に何を残し何を手放す?これからの東京をどう生きぬく?
その答えに近づくために、たくさんの表現者の手を借りて、いろんな角度から“東京"を紐解きました。
まさに十人十色の、東京への多様な表現と想いが詰め込まれた、東京へのラブレター号です。

【特集1】TOKYO and ME

 

【編集長コメント】
世界中のすべての街に、“変わるきっかけ”が訪れています。もれなく、東京にも。
このままであり続けたいと願っても、変わらざるを得ないこと、捨てなくちゃいけないものがきっと出てくる。
でも、これからの東京のために、わたしたちがあえて選択したほうがいい変化もあるのでは。
「東京に何を残し、何を手放す?」
「これからの東京を、どう生きぬく?」
その答えに近づくために、たくさんの表現者の手を借りて、いろんな角度から“東京”を紐解きました。東京っていったい何なのだろう?って。
撮りおろしが叶わず実現できなかった企画もあったけれど、そのぶん新しい企画が生まれ、この「TOKYO and ME」ができました。
まさに十人十色の、東京への多様な表現と想いが詰め込まれた、そう、これは東京へのラブレターだな、って思っています。


-「表現者が撮る東京」


女優、モデル、フォトグラファー…さまざまな分野で活躍中の写真を愛する表現者たちが捉えた“東京"をクローズアップ。
それぞれのテーマで切り取った、彼らの伝えたい東京、そして東京への想いに迫る、「東京と私の物語」です。
出演: Dream Aya、龍崎翔子、富田望生、はましゃか、中田みのり、嵐田大志、6151、コハラタケル、葵、見津賢、平岡雄太、もろんのん、i_dauyu、東京猫色、清水文太


-「女性写真家が切り取る東京」


今、まさに変化の時をむかえている東京。この場所をベースに活動する3人の写真家の目には、どのように映っているのか?
それぞれの視点で捉えた「東京」を見せていただきました。
出演:小林真梨子/南阿沙美/ヨシノハナ

-「Good Home with TOKYO 生きる場所と暮らす場所」


伊佐知美&古性のちが魅せる、東京=HOMEでの自分らしい丁寧な暮らしとマインド。
2人が、“ホーム(帰る場所)"と語る「東京」の魅力とは? 美しい写真と言葉からその想いを紐解きます。

-「文筆家・塩谷舞コラム:愛する東京カルチャーへ」
「東京は、世界一面白い大都市」と言い放つ、NYを拠点に活躍する塩谷舞が、愛する東京カルチャーへ尊敬の念を込めて綴る、4ページに渡る書下ろしコラム。

-「アナウンサー・弘中綾香Specialコラム:手に届きそうで届かない東京」
弘中綾香の人生にとって「東京」とはいったい何なのか?生まれたときから現在までの、東京と弘中綾香の「関係」がたっぷり詰まったスペシャルコラム。

-「出演者に聞いた"東京"についてのアレコレ」


今号の「東京特集」に出演してくれたみなさんが、東京をどんなところだと思っているのか?
上京してきた人、東京生まれ東京育ちの人、さまざまな職業の表現者たちそれぞれの東京に対するイメージがわかるQ&Aです。

-「ファッショニスタの背景に写る東京」


ハイブランドのショーやイベントが東京で開催されることも増え、NYやパリのコレクションスナップでおなじみの
海外ファッショニスタの来日率もぐんとアップ。“おしゃれ"という審美眼を持つ彼女たちの目に映る「東京」とは?


【特集2】Internet Radio!「音声配信プラットフォームがキテる! 」

さまざまなSNSで写真や動画、言葉を使って表現してきた私たちが、次に注目すべきは音声配信プラットフォームを使った"おしゃべり"による表現。そこで今回は人気のプラットフォーム「stand.fm」「Voicy」「Radiotalk」を徹底解剖。先輩パーソナリティへのインタビューも必見です。 自分のラジオ番組に自分の声をのせて、想いを伝えたり何かを表現することにチャレンジしてみませんか?


【連載】

-女優・橋本愛「日日是好日」
現実のなかに溢れる愛おしい瞬間を封じ込めた写真と、そのとき感じた想いを言葉にのせて。かけがえのない日々を写真と言葉で表現する、橋本愛の連載第二回。

-俳優・小関裕太の自分探しの旅「スキ」
「写真とは自分探しである」と語る小関裕太が、毎秒ごとに変わる自分のスキを撮りつかまえに行く新連載。第一回目のテーマは「東京」。タイトルは【とおまわり】。自筆の詩にも注目です。

-KYON.Jが出会った“奇跡の一瞬"「Exploring the World」
世界を照らす美しい光を追いかけ続けるトラベルフォトグラファーKYON.Jが出会った、光溢れる大自然の姿、第3回はインドネシアの「溢れる光」をお届けします。


【その他】
-いまこそじっくりカメラと向き合いたい CAMERA GUIDE
-夏も冬も訪れたいamazing飛騨